キタリス・ウーと森のお医者さん

竹田津 実/文・写真
瀬川尚志/絵
発行所:PHP研究所
発行年:2018年11月(第1版第1刷)
出版社の内容紹介ページ:ここをクリックしてください。

随感随筆:
 竹田津先生に命を救われた動物たち。その背景には、傷ついた動物たちを目の前にして、そのままにはしておけない心優しい人たちがいます。
 ある日、飛べないトビを先生のところに持ってきた小学生の兄弟。翼を支える大切な骨の一部がないため、安楽死させるしか選択肢がないことを告げると、兄弟たちは大泣き。そこで、先生の奥さんが「子どもを泣かせてはいけません」と言われたそうです。素敵なご夫婦ですね。
 人に助けられ育てられた動物はそのままでは野生に戻れないため、先生はそのお手伝いもされます。助けるというのはそういうことなんでしょう。ただただ感心します。
 自然との共生のあり方と可能性、自然界の営みの中で失われていく命に感謝をすることを学べる本です。そして、人としての良心、道徳や倫理観を問いかけられ、考えさせられる本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました