安居危思

読み:あんきょきし

意味:平穏無事なときにも、万一の場合を考えて常に用心を怠らないことが重要であるということ。

解説①
 この四字熟語は、「書に曰(いわ)く、安きに居(お)りて危(あや)うきを思う、と。思えば則(すなわ)ち備え有り、備え有れば患(うれ)い無し」という文が元になっています。後半の、「備え有れば憂(うれ)い無し」はよく知られていますね。
 「書」とは、『書経』のことです。
 「安心安全なところに居ても、危ない目にあったときのことを思う。思えば、準備もできる。準備をしていれば、心配はない」というようなことだと思います。
 
解説②
 「居」は5年生で習う漢字ですが、「教室にいます」というように、ひらがなで書きます。また、「~に住んでいます」というときにもひらがなで書きますね。せっかく習った漢字だから、漢字で書きたいと思うかもしれませんが、日本語の書き表し方については決まりがあって、この場合は、原則として仮名で書くというふうに決められています。*『新しい国語表記ハンドブック第八版』(三省堂)「公用文における漢字使用等について」(P242-244)
 この本の前書きに、「子どもから大人まで、文章や文書を日常的に読み書きする人にも、また、日本語を学習している人にも、だれにとっても読みやすく通じやすい日本語の表記を示すもの」とあり、そういう観点から判断されたものだろうと思います。

指導上のポイント②
 地震や洪水などの自然災害の他、過失による火事や交通事故など、身の回りには様々な危険がいつ起こるかわかりません。しかし、毎日の生活において常に用心をと言ってもなかなか難しいかもしれませんね。ですから、せめて、防災訓練や交通事故防止の講習会などにはまず保護者が積極的に参加をし、そういう意識を高めることが大切ですね。
 それから、万一のことがあって、怪我をしたり、最悪の場合は命を落としたりすることも、ないとは限りません。もし、そうなった場合、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃん、そして、兄弟や友だちが悲しみますよということを心の隅においておくことだと思います。親からもらった大切な体、命ですから、自分のためだけではなく、大切にするという気持ちを持ってもらえたらと思います。

                                                              以 上

悪事千里

読み:あくじせんり

意味:悪い行いや評判は、あっという間に、世の中に知れ渡るということ。

解説①
 この四字熟語は、「好事(こうじ)門を出でず、悪事千里を行く」(善いことはなかなか人には知られないが、悪いことをすると遠く千里にまで知れ渡る)が元になっています。人は、善い行いよりも悪い行いのほうに興味や関心を持つ傾向があるようです。

解説②
 「千里」の「里」は、田(区画された土地)と土(つち)からできていて、「さと」の意味を表します。「さと」とは、人の住まない山などに対して、人家のあるところを言います。また、田舎やふるさと、生まれ育った家、という意味もあります。そして、地方行政区画の単位として使われたり、長さを表す単位としても用いられていました。
 中国と日本ではこの長さの単位に違いがあったり、時代によって変化があったりしていました。中国の古い時代では一里は405メートル(300歩)で、現代では500メートルです。日本でも、中国から伝わってきた当初は同様だったようですが、その後、一里を約3.9キロメートルとしました。これは旅人(旅行者)が長い距離を移動するさいの目安になるように、約1時間歩いた距離を一里としたことによるものとのことです。
 なお、この四字熟語でいう千里は、「非常に遠いところ」をたとえて言っているので、具体的な数字に換算しなくてもいいかと思います。

補説
 昔は、メートルやセンチ、ミリ、といった正確な長さを計る定規のようなものはありませんでしたから、中国では、人体を使って長さを計っていました。指の付け根の幅を「寸」、手を広げたときの親指の先から中指の先の幅を「尺」、歩幅を「歩」、としました。歩幅は、片方の足を踏み出した状態からもう片方の足を踏み出した時の、後ろ足から踏み出したもう片方の足までの長さを「1歩」としたとのことですが、ちょっとわかりにくいですね。両足をそろえて立ち、左右の足を1歩ずつ踏み出した2歩分の幅を「1歩」としました。
 それぞれ、今のメートル法に換算すると、「1寸」は2.25cm、「1尺」は22.5cm、「1歩」は135cm、です。お子さんたちと一緒に実際に計ってみると面白いかもしれませんね。

指導上のポイント①
 意味としては、「ああ、そうか」「なるほどなあ」と理解できると思うんですが、「だから、どうなの?」という疑問が子どもたちの頭に浮かんでくるかもしれません。
 この四字熟語には大きく分けて2つの教訓があるかと思うんですが、まず、ひとつには、
 ①悪い行いや評判は、あっという間に、世の中に知れ渡ってしまうから、悪いことをしてはいけません、という戒め。
ということが思い浮かぶと思います。しかし、世の中に知れ渡ってしまうから、悪いことはしない、ということではないと思います。また、もし本当に悪いことをしたのであれば、それは多くの人に知られてもしかたのないことだと思います。悪いことは、人に知られようが知られまいが、してはいけないこと、です。
 ですから、ここで問題となるのは、「評判」や「噂」です。この評判や噂というのは、事実に基づかないことも多いです。場合によっては全くのでたらめのときもあります。そして、それが今のインターネットの時代では、それこそ、「あっという間」に広がります。ですから、人から聞いたこと、友達から聞いたことを実際に確かめもせず、軽い気持ちでパソコンやスマホなどを使ってインターネットの世界に書き込んでしまうと、どうなるか。そして、いったん世の中に知れ渡った評判や噂は、取り消そうとしてもなかなか取り消すことができない、ということを理解し、十分に気をつけることが大切ですね。
 そして、もうひとつは、
 ②人には、他の人がする善い行いよりも悪い行いのほうに興味や関心を持つ傾向があることを、内省してみる。
ということがあると思います。これは人が生まれ持った「性(さが)」と言えるかもしれませんので、簡単に変わることはできないと思いますが、そういう傾向にあることを認識して、そうしないように心がけることが大切ですね。
 そして、それは子どもたちというよりも我々大人が気をつけるべきことだと思います。家(うち)での、ご両親やおじいちゃんおばあちゃんの会話、井戸端会議でのおしゃべりなど、お子さんが小さいからわからないだろうと思っても、大人が善いことについて話しているのか悪いことについて話しているのか、察することはできるんじゃないかと思います。ですから、人が生まれ持った性(さが)に加え、環境によって左右されるのかもしれません。自分自身に対する戒めでもありますね。

指導上のポイント②
 「里」は「田」と「土」からできていると書きましたが、筆順は、田を書いて土、ではありませんので、注意してください。

                                                              以 上